東邦大学医療センター佐倉病院東邦大学医療センター佐倉病院

東邦大学医療センター佐倉病院東邦大学医療センター佐倉病院東邦大学医療センター佐倉病院

大学病院の専門性と
地域の中核病院としての機能を両立

日本の近代医療発祥の地である佐倉市に、東邦大学医療センター 佐倉病院が設立されたのは1991年のことです。それから現在まで、教育・研究に加えて専門的な医療や先進医療を行う大学病院と、一般的な急性期医療や救急医療を行う地域の中核病院という2つの役割を果たしてきました。高度肥満の外科的治療や炎症性腸疾患の治療では県外からも患者が訪れる一方、地域の患者さんの利便性向上のために、今年度からがんの放射線治療を行うリニアックを導入し、低侵襲手術、外来化学療法と併せてがんの高度な集学的治療が行えるようになりました。今年(2014年)3月には「佐倉市と学校法人東邦大学との連携・協力に関する基本協定」を締結し、地域の医療・保健、教育、環境保護、防災等幅広い分野でいっそう強固な連携・協力関係が構築されました。

メッセージ

他院がやっていないことを
すべて埋めていくという気概で

病院長 加藤 良二

病院長 加藤 良二
佐倉病院は15診療科、14センターを備え、教職員の数は約900人にも上ります(2014年6月時点)。私を含む全スタッフを結束させているのは、学祖の著した「自然・生命・人間」に基づく「生命(いのち)の科学で未来をつなぐ」という東邦大学のブランドコンセプトです。人間は自然の一部ですが医療はいわば自然に逆らう行為であり、いかにそのバランスをとっていくか、私たち医療を行う者は悩み葛藤することが少なくありません。そのようなとき、自然とは、生命とは、人間とはいうシンプルな問いに立ち戻ることで答えが見えてきます。
自然科学である医学には、解明されていないことや曖昧なこともまだたくさんあります。そのため、当院は研究部門にも力を入れています。臨床医も研究を続けることは重要で、研究によって学問が深まり、病態の理解やよりよい治療の実践へとつながっていきます。
診療では、ほかであまり行われていない治療にも積極的に取り組んでいます。例えば、高度肥満の外科的治療や、パーキンソン病や脳卒中後などにみられる不随意運動や運動障害に対する機能性脳神経外科と呼ばれる治療、また難病とされる炎症性腸疾患の治療などです。どのような領域もすべて埋めていこうという気概で病院運営を行っています。
医療機関に求められるのは医療を通じての社会貢献です。大学病院の使命である診療、研究、医師教育はもちろん、行政や地域医師会あるいは近隣の病院とも連携・協力して人々が安心して暮らせる地域づくりにも力を尽くしていきます。

インタビュー

診療科目

内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、胃腸内科、神経内科、放射線科、心臓内科、腫瘍内科、糖尿病内科、代謝内科、内分泌内科、脂質代謝内科、漢方内科、内視鏡内科、内科(循環器)、内科(薬物療法)、放射線診断科、放射線治療科、腫瘍放射線科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管外科、消化器外科、リウマチ科、麻酔科(北村亨之)、心臓外科、乳腺外科、腫瘍外科、胸部外科、腹部外科、肝臓外科、膵臓外科、胆のう外科、食道外科、胃外科、大腸外科、内視鏡外科、外科(内視鏡)、外科(がん)、精神科、小児科、小児外科、産婦人科、産科、婦人科、小児科(新生児)、産婦人科(生殖医療)、皮膚科、泌尿器科、男性泌尿器科、神経泌尿器科、泌尿器科(不妊治療)、眼科、耳鼻いんこう科、歯科口腔外科、病理診断科、臨床検査科

〈その他の診療科目・施設〉
メンタルヘルスクリニック、救急センター、循環器センター、消化器センター、呼吸器センター、糖尿病・内分泌・代謝センター、リプロダクションセンター、内視鏡センター、アイセンター、難聴・めまい回復センター、地域周産期母子医療センター、泌尿器科腹腔鏡センター、運動器低侵襲治療センター

救急対応 休日・夜間 相談窓口 入院設備 院内感染対策 先進医療 セカンドオピニオン 女性医療 リハビリ 外国語対応 予約診療 駐車場 労災保険 クレジットカード

備考

  • 女性医師:37名(2014年6月現在)
  • 外国語対応:英語、ドイツ語、フランス語、ハングル語、中国語

リハビリテーションについて

  • 心大血管疾患リハビリテーション料Ⅰ
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料Ⅱ
  • 運動器リハビリテーション料Ⅰ
  • 呼吸器リハビリテーション料Ⅰ

先進医療について

  • 慢性心不全に対する和温療法 慢性心不全

自由診療の標準費用ほか

  • 初診時は他の医療機関等からの紹介状(診療情報提供書)をお持ちください。
    他の医療機関等からの紹介状をお持ちにならなかった場合は、初診料に加え選定療養費3,240円(税込)※ が必要になります。また、当日の受診ができない場合があります。
    ※2014年7月現在

医療連携について

  • 地域中核病院として高度で安全な医療を実践

初診でおかかりの場合、紹介状は病気の経過の把握・診療を迅速かつ的確に行うために重要となりますのでご持参下さい。お持ちでない場合、初診料に加え選定療養費が必要となり、当日の受診ができない場合があります。
〈関連施設〉
医療センター大森病院(東京都大田区)http://www.omori.med.toho-u.ac.jp/
医療センター大橋病院(東京都目黒区)http://www.ohashi.med.toho-u.ac.jp/
羽田空港国内線・国際線クリニック(東京都大田区)http://www.haneda.toho-u.ac.jp/

診療時間

 
8:30-17:00

※土曜日は8:30-14:00
※受付時間:初診(月)~(土)8:30-11:00 再診(月)~(土)8:30-11:30
※診療科により受付時間が異なる場合がありますのでご確認ください。
 電話:043-462-8811 /内線:2634(外来係)
※休診日:日曜・祝日・第3土曜日、年末年始(12月29日~1月3日)、創立記念日(6月10日)

病院INFORMATION
病院DATA

住所
285-8741
千葉県佐倉市下志津564-1
TEL
043-462-8811
ホームページ
アクセス
  • 京成線 ユーカリが丘駅(京成船橋駅より約25分・上野駅より約60分)南口から
    ・病院送迎バス約7分
  • JR総武線 四街道駅 北口から
    ・病院送迎バス約20分(3番停留所より)
  • 京成線 志津駅 南口から
    ・ちばグリーンバス 臼井駅行・田町車庫行・JR佐倉駅行き「東邦病院前」下車 徒歩1分
  • 京成線 うすい駅 南口から
    ・ちばグリーンバス 志津駅行き「東邦病院前」下車 徒歩1分
  • 東関東自動車道 四街道I.C.から約15分

※病院送迎バスは休診日には運行いたしません。
※駐車場の収容台数に限りがございますので、電車等をご利用下さいますようお願いします。



大きな地図で見る

院長インタビュー:加藤 良二(東邦大学医療センター佐倉病院長)

理事長インタビュー:炭山嘉伸(学校法人東邦大学理事長)

yomiDr. 企画・制作 読売新聞東京本社 広告局
YOMIURI ONLINE | 読売新聞

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます Copyright © The Yomiuri Shimbun.