東邦大学医療センター大森病院東邦大学医療センター大森病院

東邦大学医療センター大森病院東邦大学医療センター大森病院東邦大学医療センター大森病院

医療安全を第一に重んじ
地域完結型の医療を目指す

当院は1925年に帝国女子医学専門学校の付属病院として開院し、来年、90周年を迎えます。病院の理念である「良き医療人を育成し、高度先進医療の研究・開発を推進することにより、患者に優しく安全で質の高い地域医療を提供します。」に基づき、医療安全を第一に取り組んでいます。地域の診療所・病院との緊密な連携により地域完結型医療を目指すと共に、特定機能病院として高度で先進的な医療を提供することにも努めています。2012年4月には地域がん診療連携拠点病院の指定を受け、さまざまな職種がチームを組んで、専門的で高度ながん診療に取り組んでいます。

メッセージ

地域連携の拠点として住民の健康を守り
やさしい親切な医療を実践する大学病院

病院長 小原 明

病院長 小原 明
東邦大学医療センター大森病院は、大田区で唯一の大学病院として地域の皆さまに親しんでいただくと同時に、区南部エリア(大田区・品川区)における地域医療連携のキーステーションとして、住民の皆さま、一般病院や診療所の先生方、さらに教育・行政関係の方々から信頼を寄せていただいています。地域連携の一例として、地元の医師会と大田区の協力を得て実施している「大田区子ども平日夜間救急室」は、深刻化する小児科医療の危機を救う試みとして稼働しています。また、近隣の医療機関や行政と協力して進めている感染症対策の活動は、日頃皆さまの目に触れることはありませんが、インフルエンザ大流行などの非常時に地域の皆さまの命と健康を守る備えを固めています。診療の面では「患者さんにやさしい親切な医療」をモットーとし、特に外科的治療で手術の低侵襲化を可能な限り進めています。消化器センターが行っている「腹腔鏡下肝部分切除術」は最近の代表的な一例ですが、その他に泌尿器科も手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」を導入し、侵襲の少ない前立腺全摘術を実現しています。外科系以外では、放射線科が最近、放射線治療装置をリニューアルし、より副作用の少ないがん放射線療法を始めました。そのほか、当院では患者さんの手術入院を栄養面から支える栄養サポートチーム(NST)や、小児患者の闘病生活を支援する認定CLS(ChildLife Specialist)が活躍しています。

インタビュー

診療科目

内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、神経内科、放射線科、血液内科、腫瘍内科、糖尿病内科、代謝内科、内分泌内科、腎臓内科、感染症内科、疼痛緩和内科、内科(循環器)、内科(感染症)、放射線診断科、放射線治療科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管外科、消化器外科、リウマチ科、リハビリテーション科、麻酔科(落合亮一)、乳腺外科、精神科、心療内科、小児科、小児外科、産婦人科、小児科(新生児)、産婦人科(生殖医療)、皮膚科、泌尿器科、男性泌尿器科、泌尿器科(不妊治療)、美容皮膚科、眼科、耳鼻いんこう科、歯科口腔外科、病理診断科

〈その他の診療科目・施設〉
総合診療・急病センター、糖尿病・代謝・内分泌センター、消化器センター、循環器センター、呼吸器センター、腎センター、脳神経センター、リウマチ膠原病センター、小児医療センター(小児循環器科・小児心臓血管外科)、メンタルヘルスセンター、新生児科・総合周産期母子医療センター、東洋医学科、緩和ケアセンター、救命救急センター、乳腺・内分泌外科、リプロダクションセンター

救急対応 相談窓口 入院設備 院内感染対策 先進医療 セカンドオピニオン 女性医療 リハビリ 人間ドック健診 予約診療 インプラント 駐車場 労災保険 クレジットカード

備考

  • 女性医師:128名(2014年6月現在)

リハビリテーションについて

  • 心大血管疾患リハビリテーション料Ⅰ
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料Ⅰ
  • 運動器リハビリテーション料Ⅰ
  • 呼吸器リハビリテーション料Ⅰ
  • その他(がん患者リハビリテーション料、歯科口腔リハビリテーション料2)

先進医療について

  • 前眼部三次元画像解析
  • 胎児頻脈性不整脈に対する経胎盤的抗不整脈薬投与療法(胎児の心拍数が毎分百八十以上で持続する心房粗動又は上室性頻拍に限る)
  • 急性リンパ性白血病細胞の免疫遺伝子再構成を利用した定量的PCR法による骨髄微小残存病変(MRD)量の測定
  • ラジオ波焼灼システムを用いた腹腔鏡補助下肝切除術(原発性若しくは転移性肝がん又は肝良性腫瘍)
  • パクリタキセル腹腔内投与及び静脈内投与並びにS-1内服併用療法 腹膜播種又は進行性胃がん(腹水細胞診又は腹腔洗浄細胞診により遊離がん細胞を認めるものに限る。)
  • S-1内服投与、オキサリプラチン静脈内投与及びパクリタキセル腹腔内投与の併用療法 腹膜播種を伴う初発の胃がん

自由診療の標準費用ほか

  • 初診時は他の医療機関等からの紹介状(診療情報提供書)をお持ちください。他の医療機関等からの紹介状をお持ちにならなかった場合は、初診料に加え選定療養費※ が必要になります。
    ※選定療養費:5,400円 (2014年7月現在)

医療連携について

  • 地域医療支援センター

4部門(地域連携部門・病床部門・医療社会事業部門・退院支援部門)の機能を1本化させ、それぞれの情報を共有。地域医療機関と連携し、患者さんの受診(紹介など)から退院(転院・在宅医療など)までの一連の流れを支援しております。
〈関連施設〉
医療センター大橋病院(東京都目黒区)http://www.ohashi.med.toho-u.ac.jp/
医療センター佐倉病院(千葉県佐倉市)http://www.sakura.med.toho-u.ac.jp/
羽田空港国内線・国際線クリニック(東京都大田区)http://www.haneda.toho-u.ac.jp/

診療時間

 
9:00-17:00

※土曜日は9:00-14:00
※受付時間:初診 8:30-11:00 再診 8:30-11:30
※診療科により受付時間が異なる場合がありますのでご確認ください。
 電話:03-3762-4151 / 内線:3184 外来受付(医事課)
※休診日:日曜・祝日・第3土曜日、年末年始(12月29日~1月3日)、創立記念日(6月10日)

病院INFORMATION
病院DATA

住所
143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL
03-3762-4151
ホームページ
アクセス
  • JR京浜東北線 蒲田駅 東口から
    ・バス約7分 (2番のりばより)大森駅行き「東邦大学」下車
    ・タクシー約5分
  • JR京浜東北線 大森駅 東口から
    ・バス約20分 (1番のりばより)蒲田駅行き「東邦大学」下車
    ・タクシー約10分
  • 京浜急行 梅屋敷駅から
    ・徒歩約7分


大きな地図で見る

院長インタビュー:小原 明(東邦大学医療センター大森病院長)

理事長インタビュー:炭山嘉伸(学校法人東邦大学理事長)

yomiDr. 企画・制作 読売新聞東京本社 広告局
YOMIURI ONLINE | 読売新聞

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます Copyright © The Yomiuri Shimbun.